勉強がはかどる。専門性の強い場所で力をつけよう

専門的な知識を学んで現場で活かそう

よい環境の中で

注意すべき点(気を付けることなど)

幼児のママの何割が働くママなのか実態がわかりにくいですが、専業主婦のママにとって子どもの知育は非常に興味あるテリトリーです。保育園に預けて働いているママは、保育園での期待が大きく、別の幼児教室に行かせる発想は少ないです。 核家族の時代、専業主婦のママにとって幼稚園前の子どもを遊ばせるのは一苦労です。自分が相手するにしても時間を持て余し子供番組やビデオに子守をさせたりしますが本当は良い環境づくりが必要です。 幼児教室といえど、子どもが他人と接する時間です。あの時の経験がトラウマにならぬよう、良い先生、良い教室を選んであげることが大事です。そして、幼児期は様々な経験を通して親子でしっかり向き合うことが本当はとても大事です。

知っておくと良い情報(豆知識やテクニックなど)

一般的には遊びの中にとりいれる知育は幼稚園年齢からで、3歳くらいからです。女の子に人気のピアノやリトミック、スイミングやスポーツクラブは活発な子ども向き、お絵かきや工作好きな子はお絵かき教室といった低年齢から受け入れてくれる各種幼児教室があります。 こどもが楽しめる環境が見つけられたら、過度の期待はしてはいけませんが、続けさせてあげると才能が開花するかもしれません。その子どもが何が好きで、何が苦手か見えるかもしれません。資質や素質、性格なども現れます。 そして、出来る事なら、共通のお友達を見つけるといいです。同じことが好きな友達探しです。幼児教室がご縁で子どもを通して、生涯のママ友も生まれるかもしれません。