今後の未来 | 勉強がはかどる。専門性の強い場所で力をつけよう

勉強がはかどる。専門性の強い場所で力をつけよう

専門的な知識を学んで現場で活かそう

今後の未来

医学部の歴史とその未来

医学部は以前は医療技術専門学校(医専)と呼ばれていた。人体のことについては、十分に知られておらず、その知識については、そう多くはなかった。そこで、現在のように多くの知識を習得する必要はなく、大学としての位置づけはなかった。 しかし、医学の知識は格段に多くなり、明治時代の医専と現在の医学部の知識は500倍の差があると言われている。また、医学部はただ単に知識のみの習得では複雑で多様な医業に対応できない。 したがって医学部を卒業して、国家試験を合格し、医者となっても、真の意味で医者足り得ない。そのようなことから、医学部を卒業してからも、インターン時代という現場での実習があり、自らの技量を高めていく必要がある。

予備校の重要性を考える

医学部に入学するためには、予備校は欠くべからざるの存在となっている。特に、医学部入学に特化した予備校も多い。また、国立の医学部ではなく、私学の医学部に的を絞った予備校も少ないくない。つまり、稼業が医者であった場合は、後継ぎが必要であり、必死になって合格させる必要がある。 かつては、裏口入学的なものもあったといわれるが、国家試験が厳然とあるので、合格に学力が足りない学生を入学させる私学はない。したがって予備校で学ばせ、合格させる必要がる。 したがって予備校では対策を十分に行う必要がる。ゆえに、国立は数多くの教科を学習させる必要があるので、私学の試験のみの教科だけ学ばせる。 そのような努力をさせて、合格させるために努力していくのである。