塾で勉強 | 勉強がはかどる。専門性の強い場所で力をつけよう

勉強がはかどる。専門性の強い場所で力をつけよう

専門的な知識を学んで現場で活かそう

塾で勉強

中学受験では、それまでに培った学力などの能力が評価されます。中学受験を考えるならば、勉強は早い段階からするに越したことはありません。あるサイトでは、4~5年生で平日は3時間を目安に週2~3日、休日や長期休暇中は8時間程度の勉強時間が必要とされています。受験年の6年では、8時間以上の勉強が必要です。それも、勉強法にのっとった形で勉強しないといけません。4年生からいきなり8時間の勉強なんていうのは、それまで勉強の習慣のなかった子どもにはまあ無理な話です。受験対策の勉強法にのっとって、なんていうことも無理でしょう。大人がどれだけ効率的な勉強法を考えたとしても、子どもがそれをしない限りは合格なんてありえません。なので、小学校の早い段階からというのは、せめて勉強の習慣をつけることや勉強の時間には集中して取り組むこと、それに付け加えて指示されたやり方を受け入れることなど、生活全般でも応用のききそうな力やマナーを身につけておくというのも含まれているのです。いざ中学受験を目指しだし、時間がないから効率的な勉強法で勉強を進めようと思っても、こういった力を身につけていればすんなりと受験勉強に向かえるはずです。効率的でコツを抑えた勉強法は、塾に通って覚えましょう。中学受験を目指す進学塾がオススメです。塾に来ている子どもたち同士で友達をつくり、一緒に切磋琢磨しながら勉強に励むと、受験が身近に感じるようになってきます。中学受験を考えている子どもたちは、結局中学に行ったらクラスメートになる可能性が高いのです。子どものときから同じ志を持った人同士、知り合えるのはとてもよい機会となります。